本文へ移動

住宅用蓄電池

蓄電池導入が増えている理由・・・

●売電期間終了により売電価格の低下
 ⇒  ■せっかくの電力を有効活用したい
●電気代高騰により、電力購入→自家消費へシフト
 ⇒  ■自家消費を行い省エネ対策
●災害時の備えとしての蓄電池導入 
  ⇒  ■災害による停電時でも電気の使用が可能 
●近年の環境問題により環境への意識の向上
    ⇒    ■カーボンニュートラル、SDGs等への参加意識

電気代はあがり続ける?!

電気代は今後もあがり続ける?!
再エネ賦課金もどんどん高騰している!
実際に電気料金は上昇傾向にある!

太陽光発電の売電期間終了後(FIT終了後)の売電価格は・・・

売電期間が終了したことにより
今まで余剰売電での収入分がマイナスとなってしまう
⇒ それならば創電する電気を蓄え、
自家消費に充てることで電力会社からの電気の購入を減らす
↓ ↓ ↓
電気代の削減につながる!

年々深刻さを増す自然災害・・・


↓↓↓
蓄電池導入で停電時でも普段の生活をあきらない。

今話題のキーワード「家丸ごとバックアップ」!

●特定負荷型では予め決めた家電製品や部屋のみに電気を供給します。
災害時等においては使う家電も限られるため、必要最低限のものを使う設定にするとよいでしょう。
●全負荷型では災害時においても家全体へ普段どおりに電気を供給するため、いつもどおりに生活できます。
まさに「家丸ごとバックアップ」。
これは蓄電池が大容量化したおかげでもありますね。

最近は蓄電池の容量が大きくなり、災害時においても「普段の生活をあきらめない」と考える方も多くなってきたこともあり、全負荷型モデルが普及してきています。

蓄電池導入のメリット・デメリット

蓄電池導入のメリットは・・・

●日中の太陽光で発電した余剰分の電気を蓄えて
夜間や早朝等に使えば電気料金の削減につながる。

●安い夜間電力を蓄え
日中に使えば電気料金の削減につながる。

●万が一の災害時での停電に備えられる。

●V2Hとの併用でEVの充電も可能⇒蓄電した電気を充電したり、
災害時にEVのバッテリーを使える。

●太陽光発電との併用でCO2削減にも取り組める。

デメリットは・・・

●コストがかかる

●寿命がある

●設置スペースの問題

等になります。

蓄電池は災害時のバックアップ電源にとどまらず、
今や住まいのゼロエネルギー化を推し進めるための重要な電源装置としても認知がすすんできています。

電力の自給自足 = 自家消費」により、経済的な面での役割や、
環境面への社会的な参加などの側面もあります。
安心のため、未来の生活のため
蓄電池を導入してみてはいかがでしょうか。


お問い合わせ・お見積もりのご依頼はこちらから

 お問い合わせはこちら
実際に設置するにはどのくらいの容量がよい?
どんなモデルが最適なのか?
どのくらいの効果があるか?


等お問い合わせやお見積はお気軽にお申し付け下さい。
お見積は無料です!

※お見積の際は電力会社様の電気料金のお知らせをご用意ください。

担当:平川まで
0972-46-2848

大分県佐伯市の屋根工事・自家消費
有限会社髙橋板金

〒876-0103
大分県佐伯市弥生大字床木
1146番地1
TEL.0972-46-2848
 FAX.0972-46-2901

1.板金工事一式
2.住宅リフォーム一式
3.屋根工事一式
4.太陽光発電工事一式

0
3
9
9
7
4
TOPへ戻る